通販業者のマーケティング 飲食店開業

通販業者のマーケティングの成長要因、テレビ通販広告を使った戦略、ダイレクトマーケティング手法について、事例も参考に学ぶ

通販業者のマーケティング成長要因

通販業者のマーケティング成長要因として考えられるのが、個人情報の収集の仕組み化、システム化。
最近のニュースでたびたび、話題になるのが通販業者、ネットショッピングでの個人情報流失のニュース。

通販業者で商品を購入したことがある人なら、経験しているが、商品を購入するために、住所、氏名、電話番号、携帯番号、代金の支払いを クレジットカードで決済する場合は、カード番号とカードの有効期限。

任意のところもあるが、生年月日、家族構成などの個人情報を登録する。 商品を何回も購入する属性の強いお客さんを集める仕組み。
購入してくれるのお客さんの購入記録から、そのお客さんが興味をもつであろう商品を 紹介することができる。一番有名なのがアマゾン。

今までに購入した記録から、同じ著者の最新刊の情報、同じジャンルのベストセラーの紹介と。
一人ひとりに合った商品マーケティングを提案してくる。通販業者の成長要因としては、個人情報を蓄積することでより、一人ひとりのニーズに合った マーケティングで広告費の無駄がなく売り上げを上げることが可能となっている。

前田
多重債務により廃業寸前だった飲食店経営者が、たった3年借金5027万円をチャラにした7つの集客法をあなたにお伝えします。

 ※新規客獲得
 ※リピーター育成
 ※離客防止
 ※客単価アップ
 ※利用頻度増加

わずか60日でお客さんを2倍にする簡単な集客方法

通販業者のマーケティング制約

通販業者のマーケティング における制約。
昨今の個人情報の流失。
通販業者、ネット業者の個人情報の流失のニュース。
個人情報保護法の成立。
成長要因である個人情報の取り扱いがこれからの通販業者の制約要因となる。

今までは、購入の際に会員登録、生年月日や、家族構成、年収、賃貸アパートか、持ち家か、分譲マンションか、趣味は、 興味のある分野はといろいろなアンケートを収集して、商品のマーケティングの精度をあげて成長してきたが、 これからは、その個人情報の取り扱いが大切になってくる。

個人情報の流失問題は、対策を誤れば、 通販業者の信用問題となる。
一昔前と比較して、通販で商品を購入するという抵抗感は消費者の側になくなってきてはいるが、 まだ、一部では、通販業者に対して、批判的、不安をもっている消費者も多い。

そこに、個人情報が流失して、 流失した個人情報を悪用されれば、社会問題となる。個人情報を保護するための対策を常にしていかないといけない。

tv通販業者のマーケティング

tv通販業者のマーケティングの事例。
大手のテレビ通販会社でカーナビを購入したが、 購入後は、定期的に、そのテレビ通販会社で取り扱っている商品一覧がのったカタログが送られてくる。

そこの通販業者のマーケティング成長要因は、テレビという不特定多数の見込み客にアクセスできる広告媒体に集客商品の宣伝をかける。
その集客商品を購入したお客さんに対して、さらに、自分の会社が扱っているたくさんの商品をカタログという形で販売していく。

この作業を例えば、すべての売りたい商品をテレビ広告を使用して実施すると、広告費の増大を招く。
広告費が売上に対して高くなりすぎる。
利益がでない。
テレビ広告は通販で買い物をするのが好きな消費者の名簿を集める作業という マーケティング手法だと思う。

実際の利益の出し方は、テレビ通販で集めたお客さん名簿を利用して、 商品カタログを配布する。
この商品カタログを、電話帳で調べて、通販に興味もない人にまで配布すれば、 膨大な経費が発生する。
それを購入する可能性のあるお客さんだけにダイレクトに送る。
たぶん、購入する確率や、 かかった経費に対して、いくらの売上があるのかのテストマーケティングも実施したうえでの ダイレクトマーケティングだと思うので、利益が出る。