自営業確定申告 飲食店開業

自営業開業。
毎月の売上、経費の記帳。
青色申告のために損益計算書、確定申告書の作成、個人事業主には、青色申告ソフトや、記帳代行サービスや、税理士事務所に依頼する人も

自営業確定申告経理と経費と青色申告用会計ソフト

会計ソフトfree

自営業開業。
1年に1回2月の中ごろから、3月の中ごろまでに税務署で確定申告をしないといけません。
1月から、12月までの売上と家賃や、原料費、人件費などの経費を計算し、国民健康保険や、国民年金、保険など の控除額を算出し、税務署から送られてくる申告書に必要な項目を記入して、支払う所得税が決まります。

この確定申告には、青色申告と白色申告があり、税務署では、青色申告での納税をすすめています。
この青色申告、経理や、簿記の知識があればできるのですが、経理や、会計、簿記の知識がない人には、 少し難しいです。

毎年、商工会議所や、税務署でも、申告についての説明会が開催されています。
ご夫婦で自営している場合の、扶養控除、青色事業専従者についての相談も確定申告時期になると、商工会議所などに、 確定申告の書き方を相談できる説明会が開催されます。

自分で申告される場合は、青色申告用の会計ソフトを購入して、日々の売上、経費を入力していくと、 確定申告時期にあわてることなく、貸借対照表、損益計算書を作成することができます。

自営業確定申告メリット住宅ローン審査

正直、自営業者が確定申告
。毎日、営業後に売上の集計、その日にかかった経費の帳簿の記入、大変です。
売上を作るための営業から、 仕入れの確保など、自営業者はやることがたくさんあります。

そんな毎日の中から、確定申告のための作業をするのは、 なぜでしょうか。
もちろん、国民の義務納税のためですが、 確定申告をする自営業者のメリット。
それは、確定申告を続けていく上で金融機関の評価が高くなります。

夢のマイホーム、サラリーマン時代なら、それほど苦労することなく、住宅ローンの審査が通ったものが、 自営業者だと収入が不安定ということで、ローン審査がとおらない。
審査がサラリーマン、会社員と比較して厳しい。
ということがあります。

これはしょうがないことです。
将来、マイホームが欲しいと考えているなら、 しっかりと確定申告を行い、税金をおさめること。
それが、金融機関から住宅ローンを受けるコツです。
収入の証明書として、過去の確定申告書の控えの添付を求められます。そのときに、開業してからの確定申告書が 自営業者としての公的な収入の証明書になります。

前田
多重債務により廃業寸前だった飲食店経営者が、たった3年借金5027万円をチャラにした7つの集客法をあなたにお伝えします。

 ※新規客獲得
 ※リピーター育成
 ※離客防止
 ※客単価アップ
 ※利用頻度増加

わずか60日でお客さんを2倍にする簡単な集客方法

自営業青色確定申告に税理士事務所、記帳代行

自営業者の確定申告は、将来金融機関から融資を受けるためにも必要な大事な作業。
とはいえ、経理に詳しくない、簿記の知識もない、という自営業者が確定申告をするのは大変な作業。
自営業者のなかでは、ある程度売上規模が大きくなると、確定申告を税理士事務所に依頼するところも増えてきます。

理由としては、多少の経費がかかっても、苦手な分野を専門家に任せられる安心感。
2月の確定申告時期にあわてないで 本来の仕事に集中できること、があげられます。
個人事業主で税理士事務所に依頼する方法として、毎日の売上の記帳、経費の帳簿記入は、自分で作成し、 確定申告の時期に、必要な書類を税理士事務所に提出して、確定申告書の作成、決算書の作成を依頼する場合。

毎月の売上の記帳、経費の帳簿記入から、税理士事務所に依頼して、毎月顧問料を支払う。
確定申告の時期には、確定申告書と決算書の作成をしてもらう場合があります。
ネットで検索すると、格安で記帳代行をしてくれるサービスが増えていて、 記帳代行サービスを利用する自営業者も増えてきています。