飲食店メニューブック作成 飲食店開業

飲食店用メニューブックの作成方法。
デザイン会社に依頼する時の注意点。
追加注文のとれるメニューブックのデザイン、制作のコツ、ノウハウ。

飲食店用メニューブックをデザイン会社に依頼する際の注意点

飲食店用のメニューブックをデザイン会社に依頼する場合の注意点。
デザイン会社といっても、飲食店のメニューブック以外にも、 パンフレット、他業種のポスター、名刺、ショップカードなど、デザインならなんでも受けます、というなんでも屋のデザイン会社 も多い。

小売店、美容室、エステなど、なんでも依頼されたら、デザインして納入する。
飲食店のメニューブックも依頼されたら、 作成する。
注意点は実際にどれだけの飲食店のメニューブックを制作したかの実績。実際に制作したメニューブックのサンプルを 載せているデザイン会社も多い。
オーダーメイドになると、最低枚数などの条件もあるので、料金の見積もりを必ずすること。 また、納入日数もかかるので、余裕をもって依頼、発注すること。

メニューブックの作成方法

飲食店オーナーが自らメニューブックを作成する方法。
店主が手書きでメニューブックをつくる。
パソコンで印刷して作る場合と さまざま。

東急ハンズなどに行けば、メニューブック用のカバーや、和風な飲食店にあう、和紙の素材の印刷用紙などが販売されている。
また、夏らしく、うちわに筆ペンでメニューを書いているカフェーや、杉板にペンキでメニューを書いている居酒屋など、 店主の個性にあったメニューブックも多い。
いろんな飲食店のメニューブックも参考にして、自分のお店にあったデザイン、書き方をまねして 下書きを作り、実際にある程度完成したら、メニューブックとして使い、 お客さんの注文の様子を見ながら、修正していく。
何回も修正していくうちに自分の店にあったメニューブックが作成することができる。

追加注文のとれるメニューブックの書き方

追加注文のとれるメニューブックの書き方。
追加注文が取れれば、売り上げも上がる。
飲食店用のメニューブックについて書かれた専門の書籍があるように、売り上げアップの大切な手法の一つ。

前田
多重債務により廃業寸前だった飲食店経営者が、たった3年借金5027万円をチャラにした7つの集客法をあなたにお伝えします。

 ※新規客獲得
 ※リピーター育成
 ※離客防止
 ※客単価アップ
 ※利用頻度増加

わずか60日でお客さんを2倍にする簡単な集客方法

一般的に飲食店フランチャイズは、常に、季節ごとにメニューブックの更新、販売促進について積極的なので、 メニューブックの書き方、作成方法についてのノウハウが多い。
個人飲食店は、一部のこだわりのある店主が メニューブックの書き方にこだわるぐらいで、ほとんどの店が、メニュー名と値段を書いている紙が置いてあるだけ。
少し、メニューブックの書き方を工夫するだけでも追加注文がとれる。 いろんな方法があるが、その中でも簡単に今日からすぐにできる方法。

味にこだわっている飲食店なら、オススメのメニューや、こだわっているメニューがあるはず。 そのメニューについて、うちのおすすめです、と一言入れるだけ、それだけ。
うちのおすすめです、といれてるけど注文がない時は、なぜ、そのメニューがおすすめなのか。理由を書く。